どの目的で使う?倉庫の使用用途の種類について

どの目的で使う?倉庫の使用用途の種類について

建てるにも借りるにも使用用途を考えることが重要

倉庫を利用する際、必ず考えなければいけないのが使用用途です。どのような目的で倉庫を利用するのか明確にしておかないと、倉庫を建てる場合でも借りる場合でも苦労する可能性が高いとされています。その理由は、倉庫は使用用途によって適切な種類や大きさが異なっているためです。例えば物流倉庫として利用する場合は、保管しておく製品の量やサイズに合わせた大きさや広さが必要になってきますし、製品によっては倉庫内の温度調整ができるようにしなければいけません。また倉庫以外の用途で使用する場合には貸倉庫であれば事前に許可を取っておかなければいけないので、必ず使用用途を申請する必要があります。

このように倉庫の使用用途はどのような場合でも重要になってくるため、必ず明確にしておくことが求められています。

主な倉庫の使用用途について

倉庫の使用用途は、大きく分けて製品の保管・資材の保管・産業廃棄物の保管の3つになります。製品の保管は会社が製造販売している商品を保管するという用途であり、場合によっては食品を保管することもあります。そして資材の保管は主に製造業関連の会社の使用用途として見受けられるもので、工業用資材など何かを製造するための資材を保管する目的で倉庫を利用するわけです。さらに事業によって生じた廃棄物を処分するまでの間保管する目的で利用することもあり、業種によってどのような産業廃棄物が保管されるのかが異なります。ほかにもカフェや事務所として倉庫を利用するというケースも、少なからず見受けられるようです。

物流とは商品を生産者から消費者へ届ける過程を表したり、供給者が需要者へ商品を移動させることをいいます。