SDGsには太陽光発電?企業が始めるメリットは?

SDGsには太陽光発電?企業が始めるメリットは?


SDGsへの貢献に太陽光発電は効果的

SDGsの達成に向けて企業は可能な限りの貢献をすることが求められています。太陽光発電はSDGsにおけるクリーンなエネルギーの使用に関連するものなので、太陽光発電の導入はSDGsへの貢献になります。枯渇する可能性がある化石燃料を利用する発電方法を他のものに切り替えなければ持続可能な社会は生み出せません。核燃料のように廃棄物が蓄積していく発電方法も社会の持続可能性を低減させる原因になります。太陽光発電は太陽光を直接電力に変えることができる優秀な方法です。太陽光発電システムを導入するだけでできる比較的簡単なSDGsへの取り組みとしても知られています。社会貢献への取り組みと銘打ってプレスリリースをすることもできる点もメリットでしょう。

事業継続にもつながるのが魅力

太陽光発電は企業にとって事業継続のための対策としても位置付けることができます。SDGsはもともと持続可能な開発をするために必要な目標として掲げられているものなので、企業経営の持続にも関連することは容易に想像できるでしょう。事業継続の観点では社内発電ができるようになり、電力供給が途絶えたとしても事業を継続できる基盤が構築されるのがメリットです。災害によって電力供給が止まってしまったときには何もできないどころか、冷蔵庫や冷凍庫なども稼働しなくなるので貴重な資産を失うこともあり得ます。その状況下でも最低限の電力を供給可能な太陽光発電システムを導入すれば、災害に強い企業としての地位を確保することができるのです。

太陽光発電の価格は、一定の期間の発電力だけでなく、電力会社との契約内容や売買が行われる時期によっても違ってきます。